スピード審査。ネットで完結。来店不要。

若い人は給料も安く生活費が足りなくなることも多いと思います。収入が多くても結婚したり子供が生まれると何かとお金がかかり足りなくなるものです。

サラリーマンでお小遣いが少ないのに後輩に奢ってしまったり、ギャンブルで負けてしまいお小遣いを失ってしまう人も多いです。専業主婦が急な出費でご主人に内緒でお金を用意しなければいけなくなることもあります。

そんな時に役立つのがカードローンです。審査が早く即日融資にも対応しています。銀行のカードローンや消費者金融のカードローンがありますが、どちらでもその日のうちに借りられる可能性があります。

当サイトの管理人が使ったことがあるカードローンを中心に、おすすめのカードローンをご紹介します。

カードローン体験談

私はパート主婦だったのですが、正社員になった時に車の購入資金を借りるために三井住友銀行カードローンを利用しました。

年収は240万円で借入希望額は50万円にしたのですが、審査結果を伝える電話の時に限度額140万円にすることも可能で金利10%で融資できると言われたのでその条件で契約しました。(実際の借入までの様子はこちら

自動車ローンが利用できなかったので、カードローンで借りられてとても助かりました。

カードローン会社の特徴

カードローンは銀行系と消費者金融系がありますが、おすすめなのは低金利で借りられる銀行カードローンです。私も三井住友銀行カードローンを利用しています。契約時から金利10.0%で借りることができました。

メガバンクの三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行であれば安心して使うことができると思いますが、最近はネット銀行や地方銀行、信用金庫もカードローンに力を入れていますので、自分の好きなところを選ぶのが良いと思います。

消費者金融ではプロミス、アコム、アイフルの3つが有名で利用者も多いです。モビットやノーローンなどの中堅もサービス内容に大きな違いはなく、WEB完結申込や1週間の無利息期間などの独自サービスもあります。

カードローン

キャッシングとは、個人向けの無担保融資のことで、カードローンと同じ意味合いで使われている言葉です。昔はキャッシングとカードローンは使い分けがあったようですが、今は消費者金融でも銀行でも使われています。

キャッシングと言った場合、クレジットカードのキャッシングをイメージする人も多いと思います。クレジットカードにもキャッシング機能を付けることができます。10万円以下の借り入れであればクレジットカードで借りても良いと思います。

カードローンは、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンがあります。銀行系は銀行が運営していて、消費者金融系は消費者金融が運営しています。

カードローンの申込方法は、パソコンやスマホなどのインターネットが主流になっていますが、ローン契約機で申込むこともできます。ローン契約機ではカードの発行も行えますので、その日のうちにATMで借りることができます。

消費者金融

消費者金融とは、プロミスやアコム、アイフルなどの貸金業者のことです。消費者金融に良いイメージを持っていない人も多いと思いますが、実際に使ってみると銀行カードローンとあまり変わりません。

消費者金融は銀行と比べると金利が少し高いですが、30日間の無利息サービスをやっていたり、即日融資に対応しているメリットがあります。ネット申込みから銀行振り込みで借りると来店不要で借り入れすることもできます。

街金と呼ばれる中小企業の消費者金融もたくさんありますが、中には闇金業者も含まれていますので、名前が知られていない業者から借りる場合は注意が必要です。

銀行カードローン

銀行カードローンは銀行が提供していますので、初めての人でも安心して借りられると思います。メガバンクだけではなく、地方銀行や信用金庫もカードローンを提供しています。

銀行系カードローンは金利が低く限度額が大きいのが特徴で、最高1,000万円まで借りられるところや、最低金利が3%以下のところもあります。高額融資を受けたい人や長期間借りる人は低金利で借りたいですよね。

最近はオリックス銀行や住信SBIネット銀行など、ネット銀行のカードローンが人気になっています。店舗はありませんが、提携する銀行やコンビニのATMが使えるので困ることはないと思います。

カードローン体験談

私は、消費者金融ではプロミス、銀行ではみずほ銀行とオリックス銀行カードローンを利用したことがあります。始めに申し込んだのがプロミスで、その後、みずほ銀行とオリックス銀行の審査に通り、今はみずほ銀行をメインで使っています。

金利が低いのは銀行カードローンですが、審査基準が厳しく年収が低い人や主婦では審査に落ちることが多いです。審査に時間がかかる銀行が多いのも特徴です。

消費者金融は金利が少し高めですが、審査に自信がない人にもおすすめです。パート主婦やアルバイトでも審査に通る可能性があります。

専業主婦の方は大手消費者金融では申込みができませんので、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などの銀行カードローンが良いと思います。限度額が最高30万円と低くなりますが、限度額100万円までは収入証明書の提出も原則不要となっています。

クレジットカード

クレジットカードはショッピングに使っている人が多いと思いますが、クレジットカードにもキャッシング機能があります。キャッシング枠を設けておくと限度額の範囲内でお金を借りることができます。

契約時にキャッシング枠を付けた人は、新たに申込みすることなくカードをATMに入れたり、ネットからの銀行振込みで借り入れすることができます。キャッシング枠が無い人は、申込みを行い審査に通れば枠をつけることができます

クレジット会社からの借り入れは、消費者金融と同様に貸金業者からの借金になりますので、総量規制の影響を受けます。また、限度額を50万円超にする場合や、他の貸金業者からの借り入れと合わせて合計100万円超の借り入れがある場合は、収入証明書の提出が必要になります。

その他のローン

車を買う時の自動車ローン、家を買う時の住宅ローンは、一般的に良く知られていますが、その他にもリフォームローンやブライダルローン、医療ローンなどがあります。

専用のローンはカードローンのように何度も借り入れできるものではなく、必要なお金を必要なだけ借りる契約になります。追加融資を受けたい時は再度申込みが必要になります。

自動車ローンはディーラーローンと銀行ローンがありますが、どちらも審査が必要になります。審査に落ちるとローンが組めず車が買えませんが、頭金を用意して残りはカードローンで借りて車の購入資金にする人もいます。

医療費と家計

お金を貯めるには、支出を減らすよりも収入を増やす方が効果的ですが、節約しなくて良いというわけではありません。車や家の購入のように大金がかかるときは気持ちが大きくなりあまり節約を考えない人も多いです。

毎日の食費では10円単位で節約する人でも、大きな買い物の時は節約の気持ちが薄くなるようです。しかし、節約の効果が高いのは大きな買い物をする時です。数十万円単位で節約できる可能性があります。

車や家の他にもリフォーム、車検、旅行、生命保険、自動車保険などのお金がかかるシーンでは、できるだけ費用をかけずに良いものを実現したいですね。ネット予約などを活用すると割引が受けられる場合も多いです。

子供とお金

子供が生まれると何かとお金がかかりますが、赤ちゃん~幼稚園ぐらいまでの間は比較的お金が貯めやすい時期です。小学生や中学生に上がると毎月お金がかかる上に、修学旅行や塾、習い事、受験などまとまったお金も必要になります。

私立に行く場合、授業料や学費も気になるところですが、受験費用もばかになりません。高校から私立に行く可能性が高くなり、大学では私立へ行く人も多いです。最もお金がかかるのは大学入学時点と言われています。

子供が生まれてから大学に入学するまでに最短で18年あります。生まれた時から学資保険や定期預金で積立てておけば、月に1万円でも200万円以上の資金が貯まります。少しずつでもよいのでコツコツと貯金しておきましょう。

女性とお金

女性は化粧や洋服、髪などに何かとお金がかかりますが、美容関係にお金を使う人が多いようです。最近はエステサロンや脱毛サロンに通っている人も多いと思います。

ストレスが溜まっている人も多く、買物依存症やギャンブル依存症で困っている女性も少なくありません。趣味や遊びのお金をキャッシングやカードローンで借金をして多重債務に陥り自己破産する人もいます。

貸金業法が改正されてから無職の人がお金を借りづらくなっています。専業主婦が消費者金融から借金するのは難しいですが、銀行から借りたりヤミ金から借りている人もいます。

女性に限った話ではありませんが、収入がない人や少ない人は金融機関からお金を借りると返すのが大変ですので、まずは他の方法で問題が解決できないかを考えるのがよいと思います。

はじめてキャッシング

姉妹サイトのはじめてキャッシングでは、プロミスやアコムなどの大手消費者金融や、三菱東京UFJ銀行やオリックス銀行などの銀行カードローンを使っている管理人がおすすめのカードローン商品については解説しています。

最近は銀行が住宅ローンからカードローンに主力商品を移行している期間で、銀行窓口などからカードローンを申し込む人も増えていますが、個人向け無担保融資に強いのは消費者金融です。

消費者金融に良いイメージを持っていない人も多いと思いますが、銀行と比べて金利が少し高いものの30日間無利息サービスや、Web完結申込みがあったりとサービス内容は充実しています。

勤め先への在籍確認の方法として、電話連絡ではなく健康保険証や給与明細書などの書面での確認を認めているところもあり、融通が利くのもメリットの一つです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ